がんは早期発見と治療が大切|がんの転移を食い止める

頭蓋骨内部にできる腫瘍

病院

脳腫瘍の一種で、髄膜腫という病気は頭蓋骨の硬膜と居場所にできる病気です。脳内部にできる腫瘍と違い脳を無傷で治療を行なうことができます。また、髄膜腫は比較的良性の可能性が高い病気です。

もっと見る

自宅で受ける医療

スクラブを着た医師

癌の末期患者など、通院が難しく最後まで家族と一緒に治療が受けたいという場合なので世田谷区の在宅治療がその望みを叶えてくれます。また、通院が難しいなどでも在宅治療を利用することで落ち着いた治療を受けることが可能です。

もっと見る

がんという病気

入院患者と男性医師

日本人は、将来的に2人に1人は何らかのがんを発症してしまうと言われています。それだけ、がんという病気はとても身近な病気なのです。がんは、早期発見早期治療を行なうことで5年以内の生存率は飛躍的に高くなります。現在では、不治の病ではなくなってきたのです。そのため、がんという病気を理解して正しく治療を行なうことが大切になります。がんが、発生した箇所にもよりますががんという病気は病巣の摘出手術を行なっても身体の中にがん細胞が残ってしまうとそこから新たながんが生まれてしまう可能性があります。他にも、既にがん細胞が身体中に転移している場合の可能性もあります。がんは、再発や転移が非常に恐ろしい病気だと言われています。再発や転移を予防するために、適切な治療を行なうことが大切になってきます。

がん細胞というのは、健康な人の身体でも1日に5000個は作られていると言われています。ですが、免疫細胞によって毎日作られているがん細胞は正しく処理を行なっているのです。しかし、加齢やストレスを始め生活習慣が乱れるなど様々な要因が重なった時がん細胞は大きく成長することがあります。成長したがん細胞は、周りの正常な細胞を巻き込みつつどんどん大きくなっていきます。がん細胞がリンパや血液に達することによって身体中のあちらこちらにがん細胞が運ばれてしまうことを転移と言います。リンパや血液にがん細胞が乗ってしまうと、手術による摘出は難しく抗癌剤や放射線治療などの治療が必要になってきます。そのため、がんは早期発見をすることが大切になります。半年に一度は定期健診を行なうことで、がんの早期発見をすることががんの再発や転移のリスクを最大限に下げることが可能です。

直腸がんの特徴

2人の患者

大腸がんには、直腸がんと結腸がんというがん2つに分けられます。直腸がんは、手術が複雑になり術後問題になる可能性があります。しかしながら、比較的発見しやすく進行も他のがんに比べて緩やかです。

もっと見る